Management

100年後の森をつくる。

木は、材料として利用できるまでに数十年の長い時間を必要とします。すなわち、収穫したまま新しい木を植えないと、数十年後には山に緑がなくなってしまいます。また、森林は手入れを怠ると、生態系が崩れてしまいます。未来のために木を植え、木を切る。林業は、森林資源を絶やさないために必要なしごとです。

島田木材の森林経営

日本は、国⼟の3分の2を森林に覆われており、その4割を人工林が占めています。戦後、大量に植林された人工林の多くは、半世紀が経ったいま利用期を迎えています。しかし、国産木材の需要は減り、管理者が減少した結果、崖崩れなどの災害が発生しています。森林を健全な形で管理することは、経済のみならず、⽔源保護や災害防⽌、温室効果ガスの排出抑制対策の観点からも、⾮常に大切です。

私たちは、森林が健全な生態系を維持できるように、整備・保全を⾏います。木を収穫し、新たに木を植え、木々が十分な光を得られるように、不要な木を伐採(間伐)する。こうすることで、森林資源は数百年先まで持続的に利用することができます。

当社では、「 多忙のため管理をすることができていない」「 現在は遠くに移住してしまった」「⾼齢のため森林まで⾜を運ぶことが困難」「 森林経営に関する知識が乏しい」など、森林を保有しているが保全活動が困難な⽅々を対象に「⼟地や⽴⽊」の 受託管理や売買のお⼿伝いも⾏っています。

SDGs

持続的な森林利用のために

島田木材では「SGEC森林認証」を取得しています。これは、環境・経済・社会の3つの側面から一定の基準をもとに適切な森林経営が行われている組織などを認証し、持続可能な森林経営を支援する制度です。

お問い合わせ先
  • 富山県南砺市山見1755

  • 0763-82-0124

  • info@shimamoku.co.jp

地図
各種ご相談

森林管理のご相談や採用に関するお問い合わせなどは、メールフォームよりお願いいたします。

Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google